なぜ剛毛ひげは脱毛しにくい?トリアの脱毛器では一体どのくらいかかるのか?

男性が最も気になる脱毛部位!それが剛毛なひげ!
脱毛にくい理由と、おおまかな期間をお伝えします。

 

 

まずはじめに、誤解する人がいるかもしれないので、最初に言っておきます!
トリアのレーザー脱毛器でも時間はかかりますが、脱毛は可能です。

 

これを言っておかないと、剛毛なひげは脱毛できない!
そんな思い込みで、脱毛ケアする前から諦めてしまう方がいるからです。

剛毛なひげはどのくらいかかる?

正直に言いますと、男性にとってひげは全身のどの毛と比べても、
最も脱毛しにくい部位です。
そのため、最低でも4ヶ月以上は覚悟しておいたほうがよいです。
※個人差があり、4ヶ月以内の方もいます。

トリア以外の脱毛器を使う場合は、さらに半年~1年以上かかります。

 

 

だから、あなたがひげを脱毛するという覚悟を決めたなら、
長い目をみてじっくりと脱毛ケアを行う必要があります。

 

剛毛なひげが脱毛しにくい決定的な理由

 

まず、ひげがこんなに剛毛になるか知っていますか?
全身には色々な毛があるけれど、特にひげに関しては異常なほど太く、
そして剛毛であるため、ジョリジョリしていますよね。

 

例えば、ひげと指の毛を比べてみると歴然!
毛の太さがありえないほどの差になっています。

 

では、なぜこんなに毛の太さに差が出てしまっているのか?

その理由は、一度は行ったことがある毛抜きや、
毎日行っているシェービングによる深剃りによって、
毛を傷つけてしまっており、いつの間にかひげを太くなってしまっているのです。

 

間違った毛の処理でひげが濃くなる理由

まず毛抜きや深剃りを行うと、毛の根元である毛根とその栄養源である毛細血管を
ブチッと引きちぎってしまいます。時々血が、ちょっと出てくるのはそのためです。
そして体内では、毛の組織を修復しようと毛細血管が増えます。

 

また男性にとって、毛は男性ホルモン(テストステロン)により成長を行うため、
毛の組織が破壊されると、同時に男性ホルモンも自然と増えていきます。

そのため毛根は、破壊される前より男性ホルモンや毛細血管の栄養源を
蓄えることができ、その影響もあり毛根が太くなります。
さらに毛根には、色素であるメラニン(毛を作り出す核)も同時に成長。

 

そして毛の色素が以前より強くなれば、当然、毛自体も以前より強くなり、
毛先が伸びると剛毛に!

結果的に、さらに剛毛になったひげは脱毛しにくくなっているのです。

図で表すとこんな感じ!

抜く → 毛根が破壊 → 毛細血管が増加 → 男性ホルモン(テストステロン)増加 →
毛の色素(毛の核)増加 → 毛の断面積(毛先)増加 → 剛毛 →脱毛しにくい

 

正直、毛抜きや深剃りをしたことがある経験が多いから、
この理由を知って超後悔…。
もう少し早く気づけばよかったと、思っています。

 

さらに、ひげは男性ホルモンの影響もあり、全身の中でも毛の色素が多い部位です。
そのため自然と剛毛になりやすく、どうしても他の脱毛部位よりも時間がかかってしまいます。

 

しかし、トリアのレーザー脱毛器であれば、他の脱毛器よりも
毛の色素に対してアプローチできる光の強さが圧倒的に高いため、
幸いなことに、剛毛なひけでさえ、脱毛ケアを行うことができます。

 

 

まとめ

間違った脱毛処理で剛毛になってしまったひげでさえも、
トリアのレーザー脱毛器であれば、毛の核である色素に対して、
しっかりとアプローチできるため、脱毛することはできます。

 

ただし、剛毛なひげは全身の他のどの部位よりも脱毛しにくいため、
最低でも4ヶ月以上の時間(個人差もあり)が必要です。

そのため、諦めず継続して脱毛ケアを行う必要がありますが、
あなたの悩みも解決することができます。

 

私自身も、最初はなかなかひげが脱毛できずヘコみそうになりましたが、
根気強く脱毛ケアしたことで、今では納得感があります。

だから、ひげを脱毛すると決めたなら、我慢も必要だと思います。

 

▼トリアがひげ脱毛でも愛される理由はこちら▼

公式サイトで確認

コメントは受け付けていません。

トリアの脱毛器が超お得になる!最新キャンペーン情報

トリア脱毛器のキャンペーン
トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4Xとプレシジョンがお得に購入できるクーポン付!